お役立ち情報

一日で終わる夏休みの自由研究テーマ【横浜美術館 モネ それからの100年】

こんにちは。

夏休みの自由研究って、テーマ選びが大変ですよね(´・ω・`)

テーマに理科縛りが無ければ、美術鑑賞はいかがでしょうか?

お勧めするのは横浜美術館で開催中の『モネ それからの100年』の美術鑑賞とそのまとめレポートです。

モネとは?

クロード・モネは、言わずと知れた印象派を代表するフランス人画家です。

ゴッホ、ピカソと並んで、美術をあまり良く知らない私でも、作品と名前が一致する超有名画家です(´∀`*) テレビのCMにも使われた、『睡蓮』は、あまりにも有名ですよね。

でも、睡蓮をテーマにした作品は、約200作品あるって、知ってました?

実は私は、知りませんでしたσ(´┰`=)

余談ですが、国立新美術館で開催されたビュールレ展で、モネ『睡蓮の池 緑の反映』が展示されていました。(写真は、ビュールレ展のものです。今回は展示されていません。) これまで見てきた睡蓮とは違っていたので、調べてみたら200もあることがわかったんです。

モネは、晩年自宅に睡蓮の池を作り、季節や時間での移り変わりを描き、数多くの作品を残しています。

クロネコくん
クロネコくん
この点にスポットを当てて、レポートしても面白いかなと思います。

  ジュニアガイドとして、モネの生涯にポイントを絞ったワークシートもあります。

自由研究に適している、おすすめポイント5つ

視点が新しい。

モネの人生や作品にポイントを当てた美術展は、数多くあります。

ただ今回は、モネの作風に焦点を当てて、国内外で活躍する現代のアーティストたちとの共通点やモネが現代アートに与えた影響をわかりやすく展示しています。

理解を深めるためのツールが充実している。

まず、子供ガイドとして鑑賞のポイントが、展示室のあちこちにあります。

どこをどう見ていいのかわからない美術作品を見るためのコツが、わかりやすく示されており、たいへん勉強になります。

これをまとめるだけでも、1つのレポートになると思います。

関連イベントとして、東京新聞に『親子でまなぶぅ モネ特別編』を、5回掲載しています。メディア掲載情報から、読むことができるので参考になります。

美術館は涼しい。

勿論、作品保護のためですが、展示室は約22℃。 とても涼しいんです(´∀`*)

音声ガイドがわかりやすい。

約30分の音声ガイドが準備されています。(入館料以外に550円必要)

作品の裏話や作者の言葉等、作品の関連性や背景がとてもわかりやすいです。

酔いネコさん
酔いネコさん
音声ガイドの声が、すっごくイケボ!!調べてみると人気声優さんでした。

短時間で終わる。

理科系の実験は準備もまとめも、時間と手間がかかりますよね。

美術展を見に行って、ワークシートや作品リスト、鑑賞のポイントのメモをまとめると完成です。

明らかに楽だとおもいますよ。

まとめ

日本初公開の作品(ヴィレの風景)を含めたモネの25作品を中心に、モネの作風に共通性を認める現代アーティスト26人の作品展示して、その共通点や注目ポイントが解説されいる、美術展です。

小学生には少し難しいと思いますが、中高生にはとても良いテーマだと思います。

ジュニア用のツールも準備されているので、自由研究のネタに困ったら考えてみても良いかと思います。

具体的なレポートの例は、こちらをどうぞ。

あわせて読みたい
【保護者必見】1日で終わる、実験以外の自由研究ネタこんにちは。 夏休みの自由研究って、ネタ探しに苦労しますよね。 横浜美術館で開催中の『モネ展』が、美術ではありますが視点を変...

 

モネの作品解説として、初心者にもわかりやすい本もあります。美術関連の本としては、お手頃価格でこちらもお勧めです。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA