基本的知識

超初心者が株式投資で儲けるために 一攫千金なるか?

こんにちは、酔い猫です。

『株』といえば、

一攫千金!

というイメージですが、果たしてどのくらいの利益を得られるのでしょうか?

個別銘柄の株価上昇率と個別銘柄及び投資信託の配当率から、実際の儲け(ゲイン)について調べてみました。

 

 

個別銘柄 キャピタルゲイン

個別銘柄 株価上昇率ランキング

全市場における月間株価上昇率

ランキング銘柄終値(円)上昇率(%)1単元あたりの増加額(円)
1(株)バルクホールディングス770+154.1346,700
2マネックスグループ(株)624+80.3527,800
3(株)パルマ6,790+78.66299,000

(2018年5月24日Yahooファイナンス ランキングより)

 

全市場における1ヶ月間の上昇率上位50位の中で、単元株あたりの増加額ランキングもまとめてみました。

全市場における増加額(参考)

ランキング銘柄終値(円)上昇率(%)1単元あたりの増加額(円)
1(株)パルマ6,790+78.68299,000
2(株)オウケイウェイヴ6,210+46.121960,00
3(株)ラクト・ジャパン5,130+41.52150,500

(2018年5月24日Yahooファイナンス ランキングより)

IPO初値売り利益ランキング

2017年~2018年4月 IPO初値売りランキング

ランキング銘柄上場日公募価格(円)初値(円)1単元あたりの利益(円)上昇率(倍)
1HEROZ2018,4/204,50049,0004,450,00010.9
2アジャイルメディアネットワーク2018,3/283,00015,4701,247,0005.16
3トレードワークス2017,11/292,20013,6001,140,0006.2

 

個別銘柄のキャピタルゲインとしては、1単元で見る限りは、IPOを初値で売却して得られる利益の方が、高値を狙えることがわかりました。

今回個別銘柄の上昇率は月単位でのランキングを調べましたが、このような中・長期的なキャピタルゲインでは、100万円を超えるような利益は期待できないと思われます。

私の場合、個別銘柄を購入すると考えたとき、1単元が100万円を超えるような銘柄には、手が出ません。せいぜい1単元30万円程度の銘柄が限界のため、30万円の株を購入したと仮定すると、上昇率が70~80%で21~24万円程度の利益が得られる計算になります。

一攫千金とは言い難いレベルですが、それでも、この試算は全てがうまく行った場合であり、現実的には厳しそうです。

しかし、100単元での売買や、1単元でも高額の銘柄ならもっと利益が得られそうです。

種銭の重要性も同時に感じました。

 

 

個別銘柄 インカムゲイン

個別銘柄 配当利回りランキング

 

全市場における配当利回りランキング

ランキング銘柄取引値(円)1単元の配当金(円)利回り(%)
1(株)ベリテ49532,0006.46
2(株)プロスベクト5335.66
3日産自動車(株)1,118.5575.10

(2018年5月24日 Yahooファイナンスより)

 

配当金ランキング(配当利回り上位50位内)

ランキング銘柄取引値(円)1単元の配当金(円)利回り(%)
1東京エレクトロン(株)20,97082,3003.92
2(株)あおぞら銀行4,34518,4004.23
3武田薬品工業(株)4,49918,0004.00

(2018年5月24日 Yahooファイナンスより)

 

配当金利回りとしては、5%を超えるとかなりの高配当という印象です。

酔いネコさん
酔いネコさん
利回り3%で配当金をいただければ、十分といったところです

 

 

投資信託 インカムゲイン

投資信託 配当金ランキング

 

分配金利回りランキング

ランキング銘柄基準価格(円)利回り(年率%)年間分配金累計(円)
1岡三・ネクスト・ニッポン・オープン10,54523.732,400
2三井住友ー三井住友・フォーカス・ジャパン・オープン9,97222.693,080
3日興-中華圏株式ファンド(毎月分配型)3,94921.221,400

(2018年5/24 2018年4月集計 SBI証券調べ)

 

投資信託は、長期間保有スタイルで分配金をいただくスタイルが多いようです。

銘柄によって、リスクが違い、ハイリスクハイリターンのパターンが多い印象。

クロネコくん
クロネコくん
投資信託は、銘柄によって手数料が違ってくるので注意が必要です。

 

まとめ

 

  • キャピタルゲイン(個別株)・・・・高額を狙うためには、上昇銘柄を適切に見出し、タイミングよく売買することが肝要。
  • キャピタルゲイン(IPO)・・・・高額利益が望めるが、当選しないと話にならない。
  • インカムゲイン(個別銘柄)・・・・個別銘柄の場合、爆発的な利益は望めませんが、会社の経営状態が悪くならない限り(配当金の取りやめ)、安定して利益が得られる。
  • インカムゲイン(投資信託)・・・・手数料が、個々で違うので注意が必要。ハイリスク・ハイリターンではあるが、基準額が上がった時点で解約すれば、キャピタルゲインも期待でき、高利益が望めそう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA