作シリーズ

今月の日本酒 作 恵乃智・玄乃智・雅乃智・槐山一滴水

週末のお楽しみ、日本酒の感想です。

今月は、三重県清水清三郎商店の作シリーズです。

今回で、レギュラーシリーズは制覇したことになります。(プレミアムシリーズは、あと2銘柄)

最近発表になった日本手品評会では、今年も受賞ラッシュでした。それぞれの味わい深く、大変美味しくいただきました。

では、感想メモです。

 

恵乃智 めぐみのとも

全米日本酒鑑評会2018 銀賞

SAKE Competition2018 金賞 および JAL特別賞

KURA MASTER2018 金賞

 

 

とにかく 飲み口爽やかで、飲みやすい日本酒です。

甘味、旨みが上品で、香りは洋ナシのような香りと評されています。

JALの国際線ビジネスクラスで提供されるのも、納得の味わいです。

食中酒でも単独でも楽しめる、美味しい日本酒です。

 

玄乃智 げんのとも

 

KURA MASTER2018 プラチナ賞

 

 

酸味と甘味を強く感じます。

青りんごと評される香りは爽やかで、柔らかです。

キレが良いので、食中酒として最適だと思います。

単独だと、私には酸味が強すぎる感じがしました。

 

 

雅乃智 みやびのとも

 

SAKE Competition2018 銀賞

 

 

 

花のような香りが心地よい、甘味、旨みが絶妙なお酒です。

のど越しも良く、旨い((*´゚艸゚`*))まぃぅ~♪

同じ雅乃智中取りの方が、のど越しが、より繊細な印象です。

 

 

 

プレミアムシリーズ 槐山一滴水 かいざんいってきすい

SAKE Competition2018 銀賞

全米日本酒鑑評会2018 銀賞

KURA MASTER プラチナ賞

インターナショナル・ワイン・チャレンジ 2018 トロフィー

 

すごく力強い印象のお酒です。

香り、旨み、甘味そして酸味が強烈に口の中に広がります。

飲んだあとの余韻も楽しめるお酒と感じました。

ザ・日本酒といった感じです。

 

 

以上、6月~7月前半の週末に楽しんだ日本酒たちです。

レギュラーシリーズは、使用酵母が違うのですが、全く違った味わいで、飲み比べてみるのも楽しいですよ。

また、レギュラーシリーズからインスパイアされたImpressionシリーズは、微炭酸が絶妙で今一番のお気に入りです。

Impressionシリーズと元のレギュラーシリーズを飲み比べるのも楽しいですよ。

あわせて読みたい
日本酒 作 インプレッションシリーズ の違いこんばんは、酔いネコです。 今日は、日本酒「作 ざく」のIMPRESSION(インプレッション)シリーズをそれぞれの特徴とおすすめ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA