三重県 早川酒造

日本酒歴の長いベテランにオススメの1本!三重県 早川酒造 『早春』

こんにちは、酔いネコです。

 

酔いネコ、

最近血液検査の肝機能(γ-GTP)が上がっちゃいまして、

節酒中です(´・ω・`)

 

一回の飲酒量は少なくても、飲酒回数が多いと上がっちゃいますよね…

ですから、平日の食中酒はやめて、週末のみのお楽しみにしてます。

やっと来た週末!

 

今週のお楽しみは、

三重県 早川酒造の『早春』です。

純米吟醸 無濾過生酒で、アルコール度16度です。

 

「ポンッ」という音とともに栓を抜きました。

グラスに注ぐと、生酒だけあって若干白く濁っています。

香りはほとんど感じませんでした。

飲んでみると、

あっさりとしていて、

ドライなかんじです。

独特の苦味と舌への刺激があります。

飲み込むと、独特の苦味が旨みに変わって、余韻が強く残りましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

独特の苦味は、無濾過生酒の特徴なのかなぁと、2杯目、3杯目といただきました。

香り高い旨口系好きの私には、

ちょっと”大人”な日本酒でしたヾ(´▽`;)ゝ

日本酒好きの”通のための酒”といったところでしょうか。

 

酒の肴は、”さきいか”をセレクト。

さきいかの臭みに全然負けない風味で、ベストマッチです。

 

特徴的な苦味が、そのラインナップでどのように変化するのか?

私にとっては、他のバリエーションで変化を試したくなる、楽しみな一本となりました。

 

 

早春の夏限定酒 『夏のブーリュ』

炭酸好きの私としては、ぜひ飲んでみたい1本です。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA