作シリーズ

人気の日本酒 『作』 奏乃智、雅乃智 中取り純米大吟醸 の感想

こんにちは、酔いネコです。

6月って、ちょっと憂鬱じゃないですか?

公休日が無いし、梅雨でジメジメ・・・・体調も気分も絶好調とは言えません。

そんな6月は、週末の日本酒タイムでストレス解消しています。

私の大好きな日本酒ブランド『作』が、SAKE COMPETITIONとインターナショナル・ワイン・チャレンジ2018で表彰されてたこともあり、”雅乃智 中取り純米大吟醸”と”奏乃智”で乾杯しました。今回はその感想です。

 

作 雅乃智(みやびのとも) 中取り 純米大吟醸

 

レギュラーシリーズの一つ、”純米大吟醸”です。

SAKE COMPETITION 2018純米大吟醸部門 金賞

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2018 銀メダル

 

なんといっても、印象的なのが一口めの華やかな香りです。

フルーティーというよりは花の香りのように感じました。

甘みと旨みが強く、それでいて後味がスッキリという、

「これは、美味しい!」

と、唸ってしまうような味わいです。

 

私は日本酒の中で、この『中取り』の進化系『作 ImpressionシリーズのType-N』が、一番好きです。

Type-Nに比べると、ガス感はもちろん全く無く、どっしりとした舌触りです。”ザ・日本酒”といったところですが、とても上品でワイングラスが似合う日本酒だと思いました。

食中酒としても良いのですが、私は単独で楽しみました(o^^o)♪

 

 

地元の酒屋さんではなかなか手に入らないので、通販を利用しています。

 

作 奏乃智(かなでのとも)

 

レギュラーシリーズの純米吟醸酒です。

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2018 金メダル

香りは、フルーティーでメロンのような香りだと感じました。

ただ、香り・甘みとも若干弱いかと感じました。

美味しいんだけど、可もなく不可もなく・・・・

という印象です。

 

私はいつもキリッと冷やして飲んでいるのですが、

この奏乃智、時間が経つと

香り・甘味ともに丁度良くて、美味しい!

と、印象が変わりました。

個人的には、奏乃智は涼冷え~冷やレベルがお勧めです。

 

日本酒 冷酒の温度表現

雪冷え(ゆきひえ):5℃前後

花冷え(はなひえ):10℃前後、家庭用冷蔵庫だとこのレベル

涼冷え(すずひえ):15℃前後

冷や:15~20℃前後

 

 

まとめ

『作』の蔵元 清水清三郎商店は、今年もメダルラッシュでした。

注目度が更に上がり、ますます入手困難となるのは困りものですが、『作』ファンが増えるのはたいへん嬉しいですヾ(´▽`;)ゝ

最近は、日本酒の利き酒イベントが多く開催されています。良かったら味わってみてください。

SAKE COMPETITION :世界一美味しい日本酒が決まる利き酒イベントです。全8部門からなり、今年の総出品数は1772点でした。私は、たくさんある日本酒の中から、今宵の一本を選ぶのに参考にしています。

詳しくは、公式HPを[https://sakecompetition.com/

インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC):世界最高規模、最高権威のワイン・コンペティションです。2007年にSAKE部門が設けられました。今年は、1639銘柄の中から受賞酒が決まりました。この受賞酒の中から、7月に『チャンピオン・サケ』が決まります。

詳しくは、酒サムライ公式Webを[http://www.sakesamurai.jp/index.html

 

あわせて読みたい
日本酒 作 インプレッションシリーズ の違いこんばんは、酔いネコです。 今日は、日本酒「作 ざく」のIMPRESSION(インプレッション)シリーズをそれぞれの特徴とおすすめ...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA