広島県

【今週の日本酒】濃い~味わい!広島県相原酒造『金泉 白い稲妻 純米吟醸あらしぼり』

こんにちは、酔いネコです。

今週楽しんだお酒は、広島県相原酒造さんの『金泉 白い稲妻』です。

相原酒造さんといえば、勿論『雨後の月』ですが、『金泉』という銘柄もあります。

堀本杜氏が、相原酒造に移籍する前に扱っていた銘柄で、今も一部の商品にこの『金泉』の名前を使っています。

その『金泉ブランド』の1つがこの『白い稲妻』なんですが、限定品ということもあり、なかなかお目にかかれない商品ですヽ(´▽`)/

created by Rinker
¥2,200
(2020/08/07 13:55:35時点 楽天市場調べ-詳細)

あらしぼりとあらばしり?!
あらしぼり・・・・目の粗い布でもろみをあらごしした、にごり酒のこと。

あらばしり・・・・しぼったときに一番初めに出てくるお酒のことです。香りが華やかですが、味わいに粗さが出ると言われています。

  • 一番最初に出てくる部分・・・荒ばしり
  • 中間に出る部分・・・中取り
  • 最後に出てくる部分・・・せめ

イザ、実飲!

ゆっくりと瓶を左右に振ってにごりを均一にしてから、開栓です。

乳白色の液体をグラスに注ぐと、メロンのようなフルーティーな香りが優しく広がります。

あらしぼりだけに、塩麹のようなつぶつぶ感があるのかしらと考えながら口に含むと・・・・

予想に反してさらりとした舌触りです。

柔らかな甘みが上品に口の中に広がったかと思うと、キレの良い酸味とほろ苦さが、それぞれの味わいをしっかりと主張しつつも、柔らかく広がってきます。

味わいが濃いなぁ・・・・

甘味、酸味、そして苦味、それぞれしっかりと主張してくるのですが、角がとれた味わいです。

喉ごしはスッキリとしていて、若干の酸味が残りますが、それがまた次の一口を誘ってきます。

とにかく、爽やかで柔らかな味わいで、スルスルと飲めてしまうお酒ですよ。

名前の稲妻は、強い酸味に由来するのかと思いきや、優しい甘味のある日本酒でしたヽ(´▽`)/

真っ白なので、注ぐ様が稲妻を彷彿させるというネーミングでしょうか?

味わいがしっかりしているので、食中酒として最高だと思います。

しかし、単独でもスルスル飲めてしまうので、私はいつものようにおつまみも無しで飲んじゃいました(*´ω`*)

ネーミングからして夏のお酒でしょうが、冬でもキリッと冷やして、暖かいお部屋で頂くのも良さそうですよ。

まとめ

相原酒造さんの日本酒は、『雨後の月』もこの『白い稲妻』も、優しい柔らかな飲み口が素敵です。

ただ、『雨後の月』の方がより旨みが強い印象で、『白い稲妻』は、甘みと酸味のバランスが美味しいと思います。

男性的なラベルに反して、日本酒初心者の女性におすすめできる1本ですヽ(*´∀`)ノ

created by Rinker
¥2,200
(2020/08/07 13:55:35時点 楽天市場調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA