ウェルスナビ・AI

【運用報告】ロボアドバイザー・ウェルスナビ10ヶ月目

こんいちは、酔いネコです。

ロボアドバイザー・ウェルスナビ開始から10ヶ月目の運用報告です。(リスク許容度5で、毎月50,000円を自動積立。)

今月も、マイナス状態が続いております(´・ω・`)

まずは、資産評価額のグラフから・・・・

青い棒グラフが総投資額で、折れ線グラフが現在の資産評価額です。棒グラフよりも、折れ線グラフが下にあると、含み損が発生しているということになります。

2月5日現在は-1.71%ですから、2018年の-12.7%に比べたら、だいぶ回復しました。折れ線グラフが、青い色(総投資額)を上回ってくれるのを、待つばかりです。

2019年2月の買い付け後のポートフォリオです。

ぱっと見、ポートフォリオに変化はなさそうです。

先月と比較してみました。

表の%表示は、総資産額に対する割合を示し、赤字は含み損を抱えている銘柄です。

2019年1月2019年2月
米国株(VTI)30.8%33.7%
日欧株(VEA)31.9%33.7%
新興国株(VWO)13.9%14.3%
米国債券(AGG)5.1%5.0%
金(GLD)8.4%7.9%
不動産(IYR)4.6%5.0%
現金5.3%0.3%

現金の割合が減ったぐらいで、2月の買い付け後も、ポートフォリオの大きな変化はありませんでした。

2019年の株式市場は、2月に入ってからも厳しい状況が続いています。いくら優秀なアルゴリズムを持ったAIでも、この状況では厳しいですよね。

世界中の資産に分散投資をするので、相場の動きに影響を受けて、運用資産のリターンは短期的にはプラスになったりマイナスになったりします。しかし、世界経済が中長期的に成長を続ければ、10年、20年といった長期では資産を増やすことができるでしょう。プラスのリターンもマイナスのリターンも受け入れながら、文字通り「長期」でリターンの最大化を図るのが長期投資なのです。(出典:WealthNavi コラムより)

コラムにあるように、長期的な視点での投資方法ですから、めげずに淡々と積み立てていこうと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA