作シリーズ

【衝撃】『作』ファンは是非!革新的な日本酒『作 凝縮 concentration H』

こんにちは、酔いネコです。

今回ご紹介するのは、【三重県 清水清三郎商店】の『作 凝縮 concentrarion H』です。

何が衝撃かというと、作り方もそうなんですが、その味です!

アルコール濃度、実に30度!

味も香りもかなり凝縮されており、すっごくとんがった革新的なお酒ですΣ(゚д゚lll)

雑酒に分類される、特別な製法

『作 凝縮 concentrarion H』は、『作 穂乃智』が元になっています。

『作 穂乃智』を、三菱化学の特別な膜(ゼオライト膜)で、水分を取り除き、アルコール成分・旨み成分・香り成分を濃縮して作っています。

最先端の科学の力を借りて作られた、この『作 凝縮 concentrarion H』は、まさに革新的な存在と言っていよいでしょう!

因みに、アルコール濃度が30から31度のため、酒税法上、雑酒に分類されるそうです。

 

酔いネコさん
酔いネコさん

考えてみると、アルコール濃度が高いお酒といえば、ウォッカなどの蒸留酒が主ですよね。日本酒では大体16度前後…

その理由を調べてみたところ、日本酒作りに欠かせない酵母は、アルコール度数20度以上で、ほとんどが死滅してしまうそうです。ですから原酒の状態では20度が限界ということになるためらしいですよ。

イザ、実飲!

木製のキャップを開けると、大好きな『作』の香りかします。ベースが『穂乃智』なので、フルーティーな香りです。

香り成分が凝縮されているということですが、さほど強くは感じませんでした。

では、早速飲んでみます。

推奨される飲み方は、グラッパ的に食後にクラッシュアイスに注いで…ということでしたが、もったいなくてそのままストレートで飲んじゃいました。

Σ(゚д゚lll)

口に含んだ瞬間、『穂乃智』の香りが口いっぱいに広がって、グワッとアルコールの強い刺激が襲ってきました!!!

喉が焼けちゃう!と思いつつ、なんとか飲み込むことができました…(涙)

あまりに刺激が強くて、味わうどころではなかったので、今度は慎重に口に含み、再チャレンジです。

\(◎o◎)/

アルコールの刺激とともに『作』の旨み、そして香りまでもが研ぎ澄まされて刺さってくる感じです!

これは、ストレートでは無理…と判断し、少量のクラッシュアイスにかけて飲む方法と、冷水で1対1で割る方法を試してみました。

結論から言うと、どちらも私好みではありませんでした…

氷や水を足すと、確かに飲みやすいのですが、『作』の特徴である「香りの良さ」や「透明感のある飲み口」が、弱まる気がしました。

まとめ

『作 凝縮 concentrarion H』は、アルコール濃度だけでなく、味も突き抜けた革新的なお酒でした。

まだまだ未熟者の私には、太刀打ちできない存在でしたが、『作』ファンならやはり一度はチャレンジして欲しいお酒です。市場ではあまり出回っていないので、見かけたときには即買いをお勧めしますヽ(・∀・)ノ

酔いネコさん
酔いネコさん
この記事を書きながら、ふと思いついたのですが、バニラアイスにかけて食べるのもアリかと思います。試してみたくても、飲み干してしまったので、チャンスがあれば試してみたいです。

※記事を書いた時点では、↑楽天市場の【辨のや】さんのみ、取り扱いがありました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA